勘違い 思い込み 発達障害 自閉症

凄まじい勘違い 発達障害

発達障害のお子さんの中には凄まじい勘違いをする子がいます。

例えば

「僕は野球が好きだから野球選手に成れる」

こんな感じで、野球について何の努力もしていないどころか身体を鍛えることすらしていないのに、そのうち有名選手に成れるだろう的「超楽観的思考」を持っている子がいます。

 

そういうお子さんは「体験しないと分からない」という怖ろしいポジティブ・シンキングがあります。

体験するまで難しさを想像することが出来ないので、機会を作って是非体験させてみてください。

 

自分の思い込みと勘違いを正す良い機会になるでしょう。

諦めることで自分の道を探し始められることもあります。

 

何が自分に向いているのか?

自問自答することが出来るようになればまた一歩進めるはず。

自分に何が出来て何が出来ないのか?

己を知ることは本当に大事なことです。

 

昨今は世の中もコンテンツの時代となり誰もが「何が出来るのか」問われるようになっています。

何がどこで役に立つか分かりません。

どんな小さなことでも自分にはこれがある。

はっきりと自信を持って答えられるようになれると素敵ですね!

-勘違い, 思い込み, 発達障害, 自閉症

error: Content is protected !!

© 2021 発達障害ラヂオ Powered by AFFINGER5